IRCに生息する筆者が、 主にひデブとモンハン、その他いろいろなゲームに関して 独断と偏見を語るブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
FEについて3
ブログ「紋章の地行き」はじまった。

次はこれ、「聖戦の系譜」の外伝的作品「トラキア776」です。
ファイアーエムブレム トラキア776
私的お勧め度:C
 聖戦の系譜をやっていないとわからないことだらけ、
 &難易度の関係上、Cをつけました。
 エムブレマー相手にならAを付けても良いんでしょうがw
お気に入りキャラ:
 アスベル:生足魔道士ktkr。主人公の親友風魔道士ツボ過ぎる・・・
 ロナン:なんかかっこよくないっすか?
 シャナム:月光剣覚えさせて、ドーピングでMax人間にして
      マリータと前線張らせてました。
      偽者テラツヨス

聖戦の系譜の登場キャラ、
レンスターの王子リーフを主人公とした外伝的作品です。
聖戦の系譜後半が始まる少し前から物語が始まり、
8章中盤頃のストーリーが、リーフ視点で描かれます。
聖戦の系譜後半キャラも多数登場し、
ゲッシュなど、聖戦の系譜では語られなかった設定も多数語られます。
システム的には、聖戦の系譜以前の作品に近く、
聖戦の系譜からもスキル等一部のシステムが継承されています。
また、この作品で新しいシステムとして、
・体格
・捕虜/同行
・盗むの仕様変更
といったシステムが導入されています。
これらは多少修正が加えられて、後のFEに受け継がれていきますが、
この作品の時点ではややバランスブレイカー的な部分がありました。
(ぶっちゃけ、これらのシステムは強力すぎました)

ちなみにこの作品は、FE史上最高難易度と言われています。


・以下感想
この作品は、SFCの末期(ほぼ絶滅期)に発売された作品で、
販売方法が特殊でした。
既にどっぷりエムブレマーだった私は、
やりたくてやりたくて仕がなかったのですが、
手に入れる術がなく、かなり泣く泣くあきらめた作品だったりします。
ところがその後、カセットによる販売をすると聞き、
発売と同時にゲット、念願かなってプレイすることが出来ました。

で、いざプレイすると、ナンジャコリャー!
って感じのシステム&難易度。
1週目はシステム覚えるのとキャラ殺さないので精一杯。
んで2週目に入ったとたん、コレ楽でね?とか思って・・・

このゲームは高難易度だといわれていますが、
実はシステムを覚えてしまうと、無茶苦茶なことが色々出来るゲームだったりします。
とりあえず体格の高いシーフを作ってしまえば、
後は敵からアイテム取り放題・・・
シーフの杖とかおかしいだろ・・・常識的に考えて・・・。

とまあそんなこんなですが、ストーリーはなかなか楽しめます。
聖戦のキャラが微妙に絡んできたり、
かと思えば聖戦以前の作品のオマージュが出てきたり・・・。
ファンにはたまらない逸品でした。

ただ、欲を言わせてもらえれば・・・
セティの父親を変更できるようにしてもらいたかったかな・・・
私はフォルアーサー派なんでw
スポンサーサイト
2007-10-24 Wed 00:14
別窓 | ゲーム | コメント:1 | トラックバック:0
<<COME ON!!!!!щ(゜Д゜щ) | 富竹の屍を越えて行け | リンク追加>>
この記事のコメント
まずブログのタイトルが変わっていることにフイタw
まさか変えてくるとは・・・

≫聖戦の系譜をやっていないとわからないことだらけ~
これを考慮できなかった自分が情けないんだぜ・・・
たしかに聖戦やっていることが前提ですもんね。

≫お気に入りキャラ
アスベルの生足って・・・ 男ですよブラザーi-198
ロナンはマジメにカコイイですよねv-218
というよりこの作品のキャラは全体的にカコイイ&かぁいいv-344ですよね
好きなキャラがいすぎて最終メンバー考えるのにすごい悩まされた!

≫実はシステムを覚えてしまうと~
ラーラの体格を上げまくったのはいい思い出
体格のいい女の子はあまり考えなくないが、スタイルがいいと解釈すれば問題はないさe-415

≫セティの父親を変更できるように~
ここだけはブラザーと相容れない部分みたいだね
名前からしてレヴィンの子はセティでしょv-237
2007-10-24 Wed 21:00 | URL | ゴルどバッチョ #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 富竹の屍を越えて行け |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。