IRCに生息する筆者が、 主にひデブとモンハン、その他いろいろなゲームに関して 独断と偏見を語るブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
FEについて4
しばらくサボってましたが、
忘れてるわけじゃないDESUYO!!?

4作目はこれ、「ファイアーエムブレム 封印の剣」
ファイアーエムブレム 封印の剣
私的お勧め度:B
 GBAということで、難易度、システム等一気に
 敷居が下がった感があります。
 まあ、FEをやったことがない人はこの辺から始めると良いかも、
 とは思います。
お気に入りキャラ:
 ファ:久しぶりのマムクートktkr
    と、思ったら攻撃回数に制限あるとかどうよ・・・OTL
 クラリーネ:ツンデレヴァルキュリア強いっス
 フィル:このゲームのソードマスターおかしいだろ・・・
     常識的に考えて・・・

据え置き型ハードから、携帯ゲーム機に舞台を移しての初作品。
携帯ゲーム機向けということで、難易度を低めに設定し、
システムも紋章の謎に近いシンプルな構成。
それだけに、エムブレマーからは、物足りない、との声も多い。
ただし、ストーリーの濃さは十分にあり、
この作品から導入された「支援会話」システムによって、
キャラクターに対する感情移入はしやすくなった。
また、クリア後に遊べる「トライアルマップ」が追加された。


・以下感想
このゲームやるためにGBA買った私が通りますよヽ(・3・)ノ
肩と腰を痛めながらプレイした日々が懐かしい・・・
やりこみたかったんですが、
プレイすればするだけ
肩がこる&腰を痛める

という神仕様\(^o^)/

携帯ゲーム機での初作品となっていますが、
ぶっちゃけ、FEは携帯ゲーム機には向いてないだろ・・・(^^;
なんか開発者もその辺は認識してたみたいで、
携帯ゲーム機でFE出したのは「寄り道」だった、
みたいなことを「蒼炎」の開発インタビュー時に言ってた気がします・・・。
任天堂据え置きハード冬の時代・・・
いや、下手にNintendo64とかで出されても困ったんですが
(というか、本当はファイアーエムブレム64というものが
開発されていたらしい)

また、わかる人にはわかるでしょうが、
この作品から、全体的なファイアーエムブレムの
雰囲気が少し変わりました。
実はこの作品の発売前に、有名?な
ファイアーエムブレムvsエムブレムサーガ(後のティアリングサーガ)
抗争があり、開発メンバーがごっそり変わったからです。
正直、この抗争の際の任天堂の対応はちょっとどうかとおもいました・・・


とまあ、ゲームの開発背景とかはコレくらいにしておいて、
ゲーム自体の感想について。

やはり少し、「ゲーム性」に不満は残りますが、
ストーリーと、キャラクターに関しては結構好きです。
「支援会話」によるストーリーの広がり方は秀逸で、
エンディングまで変化するのでクリア時の感動はなかなかのものです。
ググれば支援会話を集めたWebサイトとかも出てくるのですが、
つい、ニヤニヤしながら見てしまいます。
「支援会話」等をボリュームアップして、「烈火」と一緒に
据え置き型ハードでリメイクしてくれないかなぁ・・・。
スポンサーサイト
2007-11-04 Sun 12:03
別窓 | ゲーム | コメント:1 | トラックバック:0
<<FEについて5 | 富竹の屍を越えて行け | 浴衣の漢>>
この記事のコメント
FEネタキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!
そしてデザインまた変わってるw

≫久しぶりのマムクートktkr ~
あの回数制限はホント辛かったですね・・・
レベル上げなんて殆ど出来なかった( ノД`)

≫携帯ゲーム機でFE出したのは~
これはたしかに言っていましたね。
あの頃は完全PSに持っていかれてましたしね・・・
しかし携帯機への移行は結果的に良かったと個人的に思いますよb

≫ファイアーエムブレムvsエムブレムサーガ
これはまさに黒歴史w
長い裁判時代も今はいい思い出・・・かな?
ちなみに自分の中ではティアサガもありだと思いましたよ。
ベルウィックはちょっとアレでしたが・・・
2007-11-05 Mon 21:26 | URL | ゴルどバッチョ #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 富竹の屍を越えて行け |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。