IRCに生息する筆者が、 主にひデブとモンハン、その他いろいろなゲームに関して 独断と偏見を語るブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
FEについて5
5作目はこれ、「ファイアーエムブレム 烈火の剣」
ファイアーエムブレム 烈火の剣
私的お勧め度:B
 個人的にはシナリオ・キャラ・ゲームバランス等気に入っているのですが、
 前作との物語のリンクのことを考えてBをつけました。
お気に入りキャラ:
私的お気に入りキャラが多いこの作品
レベッカ:
村娘萌え。地味な見た目に反し、強くなります。
やはり、ウィルとくっつけてあげるのが物語があって良いでしょう。

フロリーナ:
鬼成長率を誇る天馬騎士。
リンやヘクトルを始めとした一軍で使いやすいキャラと支援が
付けられることもポイントです。

ニノ&ジャファル:
この二人はセットで一人です(断言
ドラマ性の高いカップリングが多い烈火キャラの組み合わせの中でも、
やはりこの組み合わせが一番かと。
ジャファルがラガルトとの支援会話で語る、ニノに対する想いに泣けます。
アレを見るとこの組み合わせ意外が考えられません。   


携帯ゲーム機第2弾。前作「封印」の続編という形を取っており、
ストーリー的にも、キャラ的にも深く絡んできますが、
時代背景としては、「封印」よりも前の時代、
「封印」キャラの親の世代が中心となります。
支援の付け方によって、「封印」キャラの親の設定が変わる、
という「聖戦」とは逆のパターンとなっています。
(もっとも、「烈火」での組み合わせが
「封印」のゲーム自体に影響を与えるわけではないですが)

支援会話システムによる物語の広がり方がさらにパワーアップし、
「封印」との物語の絡み等もあり、
ファンにはたまらない作りとなっています。

主人公は
・「封印」の主人公ロイの父親エリウッド
・サカ族の血を引く女剣士リン
・「封印」のヒロイン?リリーナの父親ヘクトル(隠し
の3人となっており、
リン編がチュートリアル的な位置づけ、
エリウッド編が本編、
ヘクトル編がエリウッド編を別視点で見る視点となっています。
更に、プレイヤーを「軍師」としてゲーム中に登場させるという
新しい試みもしています。
(残念ながら、戦闘は出来ませんし、存在感もいまいちでした)

ちなみに、「封印」からすると、多少難易度が上がっています。


・以下感想
コレも携帯ゲーム機でなければもっとやりこんだんでしょうが・・・
2週が限度でした・・・OTL

個人的にはFE内でも1・2を争う好きな作品です。
ドラマ性で言えば、「聖戦」と肩を並べる出来でしょう。
クリア時のエピローグなどで、
「封印」でのさまざまな伏線設定(後付設定ともいう)が
明らかになり、感動も倍増です。
ただ、支援の付け方によって、ヘクトル(斧重騎士)とその恋人、
リン(剣士) or フロリーナ(天馬騎士) or ファリナ(天馬騎士)
から、FE史上最高クラスの魔力成長率を誇るリリーナ(魔道士)が
生まれるのはちょっとどうかと思います^^;

やっぱり、「烈火」と「封印」をセットで据え置き型に
リメイクして欲しいですね。
スポンサーサイト
2007-11-11 Sun 15:18
別窓 | ゲーム | コメント:1 | トラックバック:0
<<温泉チーター部活 | 富竹の屍を越えて行け | FEについて4>>
この記事のコメント
烈火の剣は間違いなく名作さ!

>私的お気に入りキャラが多いこの作品
激しく同意。
この作品は最終的なメンバーを選ぶのがホントに難しかったですよ。
個人的にじじいの強制出撃はやめて欲しかった (;´д` )
いや、強いんだけどさ・・・

>クリア時のエピローグなど~
「ヘクトルの妻はこの娘しかありえん!」
などと討論するのも実に面白いですよね~

しかし強い思い入れがあるキャラは何気に取られたくなかったり・・・
なんという嫉妬心!
どうみても病気です、本当にry
2007-11-13 Tue 20:51 | URL | ゴルどバッチョ #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 富竹の屍を越えて行け |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。