IRCに生息する筆者が、 主にひデブとモンハン、その他いろいろなゲームに関して 独断と偏見を語るブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
FEについて6
6作目はこれ、「ファイアーエムブレム 聖魔の光石」
ファイアーエムブレム 聖魔の光石
私的お勧め度:C
 初心者には良いかもしれませんが、
 この作品の雰囲気は「FE」と呼ぶには違和感を感じるつくりです。
お気に入りキャラ:
ミルラ:
もう説明の必要も無いでしょう。
エフラムとの会話は全国のエムブレマーを
妹萌えに陥れたに違いないでしょう。

ネイミー:
強すぎです。GBAの三作品は強い弓兵が多いのですが、
システムの優遇もあるため、抜きん出て強く見えます。

エフラム:
唐変木主人公です。いや、かなり強いんですがw
会話の節々に天然がにじみ出ている気がします。


携帯ゲーム機第三弾。
前2作品とは世界観(大陸)の異なる作品となっています。
他のFEが、基本的に一つの世界観(大陸)を二作品で共有していたのに対し、
この作品のみ一作品で世界観が終了しています。
システム的にもかなり今までのFEとは違い、
・マップ移動型のゲーム進行
・魔物とのエクストラバトル
・分岐クラスチェンジ
・最下級職
といったものが採用されています。
これらのシステムの影響(主に魔物とのエクストラバトル)で、
難易度が激減しており、その点でエムブレマーからの評価は
あまり高くない作品になってしまっています。
全体的に、「育成」を主眼に置いた作品となっているようです。


・以下感想
実験的な要素の多いシステムが導入されていますが、
かなり当たり外れが多いなぁ・・・と。
個人的には、
・最下級職
・分岐クラスチェンジ
の二つは後の作品に受け継いでもらいたかったんですが・・・。
「暁」では最下級職に変わる最上級職ってのが出てきてますが、
個人的にはあれは強さのインフレが起きそうなので・・・。
分岐クラスチェンジはかなり好きです。
ぜひ復活して欲しいです。

・マップ移動型のゲーム進行
・魔物とのエクストラバトル
この二つに関しては、ちょっとどうかなぁ・・・と。

エムブレマーの永遠の命題として、
「限られた敵、限られたターン、
 限られた武器で如何にキャラを育成するか」
というものがあると思います。
自分の力で効率よくレベル上げができる場所を見つけ、
キャラを強化していくことに快感を覚えるのが
エムブレマーだと思っている私だったりします。

最初からレベル上げ用のマップが用意されているのは・・・。

と、まあ結構好き勝手言っていますが、
曲がりなりにもFEの名を冠する作品です。
シナリオは十分な出来ですし、キャラもなかなか立っているキャラぞろいです。
そういう意味では楽しめる作品でしょう。
スポンサーサイト
2007-11-18 Sun 22:16
別窓 | ゲーム | コメント:2 | トラックバック:0
<<FEについて7 | 富竹の屍を越えて行け | 温泉チーター部活>>
この記事のコメント
聖魔はゆとりゲーwwwwwwwwww

色々な意味でライトゲーマー向けですよね、でもライトゲーマーに売り込みもしていないという不思議なゲーム
2007-11-20 Tue 17:13 | URL | c(っ・x・)っ #-[ 内容変更]
一昨日なぜか書き込みに失敗したのでもう一度挑戦!

≫この作品の雰囲気は「FE」と呼ぶには~
禿同、違和感を感じつつプレイしていましたね・・・
ホントにモンスターというものはFEに合わない
ドラゴン等は別としてですが


≫お気に入りキャラ: ミルラ
支援会話はやばかった!
自分なら一緒に寝てあげられるよ (*´д`*)ハァハァ

≫分岐クラスチェンジ
これは自分もいい案だと思いましたね
またどこかでやって欲しいものです

≫エムブレマーの永遠の命題
これも同意ですねー、闘技場つかちゃってますがw

なんだかんだ言いつつも書いているとやりたくなるものですねw
2007-11-22 Thu 20:28 | URL | ゴルどバッチョ #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 富竹の屍を越えて行け |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。