IRCに生息する筆者が、 主にひデブとモンハン、その他いろいろなゲームに関して 独断と偏見を語るブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
マサヒロ
それは職人の物語・・・。
京都某所。
全国の名のある職人が集い、技を競う全国豆腐コンテスト。
数々の名勝負が生まれたこの大会も、
ついには決勝戦を残すのみとなる。
対峙する二人の男。そして、それを見守るのは、
勝負に敗れ去った職人達・・・。

マサヒロ「ふっ・・・やはり最後に残るのはお前か、テツオ・・・」
テツオ「・・・・・・・・。」
マサヒロ「・・・相変わらず無口な野郎だな。」
テツオ「・・・・・・・・。」
マサヒロ「職人は多くを語る必要は無い・・・か。」
マサヒロ「いいだろう。始めようか。」
マサヒロ「前回は不覚を取ったがな、あのときの俺と同じだと思うな」
マサヒロ「俺はあの敗北のあと、すべてを犠牲にして腕を磨いた。」
テツオ「・・・・・・・・。」
リュウイチ「テツオ、マサヒロを甘く見ないことだ。」
リュウイチ「準決勝で作った豆腐は、俺の全てが詰まっていた。」
リュウイチ「しかし、マサヒロはそれすら超えてみせた。」
テツオ「・・・・・・・・。」
リュウイチ「今のマサヒロはお前が全力を出すのにふさわしい相手だ。」
テツオ「・・・・・。いいだろう。俺の全てをこの豆腐に込める。」
テツオ「かかって来い、マサヒロ!!!」
マサヒロ「応!!!!!」

こんなドラマがあるに違いない豆腐「男前豆腐店 マサヒロ」


・・・・うまいじゃないか。
スポンサーサイト
2007-11-25 Sun 21:19
別窓 | ひデブ | コメント:0 | トラックバック:0
<<TUND○R○部屋 | 富竹の屍を越えて行け | FEについて7>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 富竹の屍を越えて行け |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。