IRCに生息する筆者が、 主にひデブとモンハン、その他いろいろなゲームに関して 独断と偏見を語るブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
罠子 格闘性能1 
今回は罠子の格闘性能について少し
まず、罠子格闘全般の特徴として、
出が早く、誘導も比較的優秀であるが、
ダメージが低く、リーチも短い

ということを覚えておいてもらいたい。

N格:両手突き
誘導が優秀で、出が早い。単発なら隙も少ない。
完全にダウンしている敵にも当たる。
ただし踏み込み距離が短く、ダメージとリーチは涙が出そうになる。
出が早いため、敵の格闘をつぶすことも多々あるが、判定自体は弱い。
近距離の自衛手段、ダウン追い討ちといろいろお世話になる格闘。
CSCとFCSCが可能で、当たった場合に限りBSCも可能。
単発で出した場合なら隙も少ないが、
単発で出すくらいなら横格につなげてしまうほうがいい。
N格2段目と横格と前格に派生可能。
ちなみに・・・花子のN格よりも出が早いが、その分踏み込み距離が短い。

N格2段目:ドロップキック
相手に向かってドロップキック。
まともに着地動作を取ってくれないため、攻撃後隙だらけになるが、
CSCとFCSCと、当たった場合に限りBSCが可能なのでそれでフォローしよう。
完全にダウンしている敵にも当たる。
意外と優秀な攻撃範囲を持っており、
敵が密集していれば両方同時に当たることも珍しくない。
一応、横格と前格の派生よりはダメージが大きい(違いは微々たる物だが・・・)。
相手が結構遠くまで吹っ飛んでしまうので、追い討ちがD格くらいしかできない。
とはいっても、リスクのわりにリターンが少ないので、
わざわざこの格闘を出す必要は無いと思われる。

前格:ローリングアタック
某野生児の必殺技のごとくぐるぐる回って攻撃する。
それなりに移動距離が長く、カット対策になるかもしれないが、
最初の2回転くらいしか攻撃判定が発生していない。
後半部分は移動しながら隙をさらしていることになるOTL
つまり、少し距離のある相手に対して使用するのには向かない。
N格からの派生で使用するのが主な用途だが、
N格からの派生なら横格で十分なので、
この格闘を使う意義は無いように思える。
CSCとFCSCが可能で、当たった場合に限りBSCも可能。

横格:回し蹴り
ともかく発生が早く、攻撃後の隙も少ない格闘。近距離戦の要となる攻撃。
ただし、まったくと言っていいほど踏み込まない。
リーチも絶望的なほど短い。

完全にダウンしている敵にも当たる。
単発で使うことよりも、N格からの派生で使うことが多い。
当たりそうならN格からの派生はすべてこれにしよう。
CSCとFCSCが可能で、当たった場合に限りBSCも可能なのだが、
隙がほとんど無いため、
BSCとBSバナナがほとんど変わらないタイミングで出せる。
それならBSバナナを使うべきだろうな・・・。
ちなみに、花子の横格よりも踏み込み距離が短い。
花子なら安定なN格→横格→(ダウン追い討ち)N格→横格が
罠子では当たらないことがあるので注意


今回はこれくらいかな・・・
次回はD格、スラ格、着格あたりをやります。
スポンサーサイト
2007-07-12 Thu 20:42
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
<<罠子 格闘性能2 | 富竹の屍を越えて行け | 罠子 基本性能3 防御力&体格>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 富竹の屍を越えて行け |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。