IRCに生息する筆者が、 主にひデブとモンハン、その他いろいろなゲームに関して 独断と偏見を語るブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
罠子 格闘性能2
罠子の格闘性能について少し
D格:ヘッドスライディング
みんなご存知。沙都子の格闘の代名詞。
完全にダウンしている敵にも当たる。
移動距離が長く、姿勢が低く、ダウンを奪う罠子の主力兵器の一つだが、
実は昔に比べると、
目も当てられないくらい弱体化している。
CSC、FCSCはもちろん、当てた後に罠子が一人でできる追撃の手段がないため、
ダメージ源としては非常に心もとない。
相方が追撃をしてくれたとしても、それが爆発系の攻撃(鉄KのCSとか)だと、
罠子も一緒に吹っ飛ばされる始末。
とはいっても、D格→CSCは罠子の基本戦術。
移動手段、N格が届かない相手の追撃、飛び道具を潜り抜けて反撃、
着地刈りにといろんな場面でお世話になる。
実は判定が泣きたくなるほど弱い。

スラ格:右パンチ
落ち目のD格の跡を継ぐ罠子の主力兵器その2。
出が早く、移動距離もそれなり、そしてなにより、
当たった後、N格→横格の追撃が安定で入る
CSC、FCSC、当たった場合に限りBSCができるが、
敵の相方のカットが飛んでこないなら、もったいないので、
N格→横格→D格の追撃を入れよう。
いろんな場面で使える格闘なのだが、
密着状態の場合は使ってはいけない
相手の横をすり抜けて、思いっきり隙を晒してしまう。

着格:足払い
しゃがみこんで両足で足払い。沙都子は足が短いため、リーチはないに等しい。
姿勢が低いため、飛び道具を避けることもあるが、狙うのはお勧めしない。
一見使えなさそうな格闘に見えるが、
当たった後、最速でCSC→N格と繋ぐと罠が確定する
という貴重な性能を持つ。
基本的には空格→着地のあとは横格が安定なのだが、
安定でコンボに罠を組み込める格闘はこれだけなので、
覚えておく価値はある。

着格二段目:サマーソルト(失敗)
足払いで浮いた相手にサマーソルトで追撃をしようとするのだが、
失敗して腹から着地する。痛そう・・・。
ダメージが低く、踏み込みも甘く、多大な隙を晒し、
タイミング悪くCSCすると空中CSCが出てしまうという困った格闘。
忘れなさい

大体こんな感じ。次は空中の格闘かなぁ・・・。
スポンサーサイト
2007-07-12 Thu 20:43
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
<<罠子 格闘性能3 | 富竹の屍を越えて行け | 罠子 格闘性能1 >>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 富竹の屍を越えて行け |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。