IRCに生息する筆者が、 主にひデブとモンハン、その他いろいろなゲームに関して 独断と偏見を語るブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
東京ゲームショー2008 その2
その2。
事前情報から私が気にしてた作品とか。


一つ目は言うまでもなく、
スターオーシャン4 The Last Hope
私にとって、スクエニのクローズメガシアターと同レベルに重要だった項目。
プレイアブル出展されていたので、もちろん試遊。
10時きっかりにブースを訪れたにもかかわらず、
80分待ちとか^^;
ストーリーの進行度で言えば、恐らく序盤、
公開されているキャラクターの一人、
リムルが仲間になった直後だと思われる状態から試遊開始。
遺跡?祠?神殿?のような場所を探索し、ボス戦有り。

とりあえず戦闘の感想から。
おお・・・動く動く・・・(当たり前だ)
かなりさくさく動く。戦闘中にキャラクター切り替えもやってみて、
弓使いや紋章術士も使ってみたけど、どれもそれなりに使える。
剣士一択にする必要はなさそう。
ただし、弓使いは攻撃のたびに光の矢?が出る。ちょっとウザイ。
私が操作方法をきちんと読んで無いだけかもしれないが、
いくつかわからない項目もあった。
まずはガード。どうすればいいんだ・・・? そもそも無いのか・・・?
ジャンプ。予備動作が必要。試遊中には慣れなかった。
ロック変更。わからん・・・OTL。
敵とか味方とかの体が白く光る。何だコレ・・・? 見難い。

次はイベントとか
イベントスキップ機能があるんだけど、
試遊台の近くにいるコンパニオンのお姉さんが
スキップ機能があることをやたらプッシュしてくる
使えと・・・? あ、はい、使いますすいません。
って感じで使っちゃったからよく覚えていません\(^o^)/
印象に残ったのはあまりにもお約束過ぎるシーンがあったこと。
狙いすぎじゃないのか・・・?とか

そして、最後はキャラ。
4人いたのだが、喋っていたのはほぼ3人。
もう一人は影が薄くて名前すら思い出せない\(^o^)/
主人公エッジは、もっと無鉄砲系かな、とか予想してたんだけど、結構冷静っぽい。
ああ、でもスターオーシャンの主人公はそういうキャラばっかりだったか・・・。
ヒロイン?のレイミは・・・まあお約束。
上記のお約束イベントもしっかりこなしているまさにお約束。お約束しか思い浮かばない。
RPGにおいて弓が比較的好きな私は、メインキャラとして使うかもしれない。
ロリキャラ担当らしきリムルは、ロリキャラなんだろうから、
言動が幼いのはキャラ的に間違ってはいないんだろうが・・・
いくらなんでも幼すぎに思えた。そういう設定があるのかもしれないが、
小学生低学年程度の言動のように思えた。体も小さい。15歳らしい。(゚д゚ )
ちなみに、戦闘参加人数が4人で、控えが4人、
そう考えると、仲間キャラは全部で12人以上はいそう。


とまあ、こんな感じだが、予想以上の出来だとは感じた。
私が崇拝するトライエース様の作品なので、もう買うことは決定してるんだが、
楽しみで仕方が無い。


さて、二つ目はこれ、
ひぐらしデイブレイクPortable
アルケミストは販売のブースしかない、と言うことで、
期待はしていなかったのだが、実際にはムービーが展示されていた。
とはいってもほとんど既出。(以前ニコニコかどこかにUpされてたやつ)
一応、少し追加もあったと思う。
無圧縮で見れたのはおいしかった。

意外とさくさく動いていたんだが、気になった点が一つ。
ヒットエフェクトが追加されているのだが、
エフェクトの出るタイミングが遅い
と感じた。
PC版本家にはもともと無いものではあるが、
私も含めて、ひデブに長いこのめりこんでいる人は、
感覚で「ヒットしている瞬間」をイメージできるものだと思う。
しかし、ムービーを見る限り、私が思う
「ヒットしている瞬間」から少し遅れたところでヒットエフェクトが出る。
違和感あるっす・・・。

ちなみに、ひデブPSPのムービー上映には、
意外と人が集まっていた。&けっこうな数の人が、
ひデブPSPの紹介の紙を取っていっていた。
あの中にはPC版ひデブ経験者ももちろんいたんだろうし、
もしかしたら私と対戦したことのある人もいたりするのかな・・・?
とか( ・ー・ )ニヤニヤしながら見てたりした。



とまあ、期待作はこんな感じ、
次回は、興味はあったけど、状況しだいで買うかどうかを悩んでいた作品たち。
スポンサーサイト
2008-10-13 Mon 11:23
別窓 | ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0
<<ダダ様テストプレイヤー疑惑 | 富竹の屍を越えて行け | 東京ゲームショー2008 その1>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 富竹の屍を越えて行け |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。