IRCに生息する筆者が、 主にひデブとモンハン、その他いろいろなゲームに関して 独断と偏見を語るブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
体験版で使えなかった武器への期待と懸念とか
タイトル長いっすね。

MHP3の体験版が出たりと、色んな情報が判明しつつある最近ですが、
まだ判明していないこともあったりでちょっと不安な部分とかを考えてみる。

願望とかも多分に含みます。


ご存じの通り、体験版では何故か笛・ガンランス・弓の三武器が使用不可でした。
TGSの体験版では使用可能だったのに、なぜ体験版でこれらを外したのか・・・
MH3でリストラされた四武器のうち、三つがこれに当てはまることから、
   この三つの武器に関しては調整がまだ上手くできていない
と考えるのが妥当でしょう。
一応、雑誌情報などで大きな変更点が公開されていますが、
あまりに大きな変更点過ぎて、一気に強武器になってしまわないように
慎重に調整を重ねている、と言ったところでしょうか。
とりあえず個別に考えてみましょう。




MHP2Gの時点での笛は
 ・PTでは多大な影響力があるが、ソロでは最弱候補筆頭
でした。そして、現時点で判明しているMHP3の笛の大きな変更点は
 ・演奏方法の刷新(各攻撃で音符を溜め、演奏で一括発揮)
となっています。また、これは打撃武器全般への影響ですが、
 ・打撃攻撃にモンスターのスタミナを奪う効果が追加
も見逃せない点です。
これらの二点から、MHP3の笛はMHP2Gに比べて、ソロ/PT共に
よりアグレッシブに攻めることが可能になったと考えられます。
(従来の笛は、どうしても演奏をする時間を取る必要があり、
演奏中は攻撃の手が止まることがほとんどでした)
現時点の情報だけでも、笛を使った唯一無二の最強クラスのサポート能力
ハンマーには及ばないが、次点を与えられるスタン/スタミナ奪取能力を持つ笛は、
PTにおける最強武器になるのは間違いないんじゃないかと思います。
となると、どこかを弱体化して他武器とのバランスを取るんでしょうが・・・



ガンランス
MHP2Gの時点でのガンランスは
  ネタ武器扱い。実際ソロではそれなりだが、PTでは邪魔以外の何者でもない
でした。そして、現時点で判明しているMHP3のガンランスの大きな変更点は
 ・素早い動きで一発だけ弾をリロードするクイックリロードの追加
 ・上に判定の強い叩きつけ攻撃の追加(クイックリロード・中段突き2段目から連携)
 ・全弾同時発射の大技フルバーストの追加(叩きつけから連携)
 ・時間がかかるが威力の大きい溜め砲撃の追加
 ・連続で砲撃を使うことができなくなった(○→○はクイックリロードになる)
となっています。
ガンランスは変更点の個数を見るだけでも数が多すぎて、
調整に時間がかかるのは想像に易しいです。
細かい内容を見ても、連続砲撃が使えなくなったことや、
  中段→中段→叩きつけ→フルバーストの連携の追加
などから、従来よりもさらに大技狙いのロマン武器となってそうです。
大技狙いということは、PTでは邪魔でしかないことは
説明する必要も無いでしょうし、調整は難しそうです。

ただ、今回話題にした三武器の内、個人的にはガンランスは
ゲームバランスが壊れるほどの強武器になる可能性は一番低い、と思っています。
むしろ弱すぎる武器になってしまう方を懸念した方が良いでしょう。




MHP2Gの時点での弓は
 ・PTでもソロでも、序盤~中盤は強いが、後半は火力不足が目立ち空気
といった感じです。そして、現時点で判明しているMHP3の弓の大きな変更点は
 ・上空から弓を降らせる曲射の追加
 ・減気瓶の追加
となっています。
曲射は弓待望の大技ですが、情報が少なく、いくつかの懸念事項が考えられます。
 ①当てやすさ
  PVでは一応当てづらそうに見えます。
  しかし、普通の人が当てづらいと思う程度であっても、
  本職の弓使いであれば、かなりの精度で当てられるようになる
  ことは想像に難しくありません。
  私は一応その本職の弓使いですが、PVの曲射のモーションを見る限り、
  ガンランスの竜撃砲よりは当てやすそうに感じました。
 ②威力
  溜め3を狙う意味が無いレベルの攻撃力を持つようだと、
  弓の立ち回り自体がまったく別のものになってしまいます
  大技ではありますが、曲射を執拗に狙い続けるよりは、
  溜め3を狙い続ける方が効率がよくなるようなダメージ量にして欲しいところです。
 ③瓶の効果
  弓の瓶の効果は、溜めレベルに依存していました。
  曲射に瓶の効果が発揮され、かつ効果が溜め3<曲射となるようなら、
  瓶を有効活用するために、弓使いは曲射を連発しなければならない
  おそれがあります
 ④スタン値
  曲射は頭に当てるとスタン値を蓄積することが既に判明しています。
  しかし、重ねて言うようですが、本職の弓使いは
  「普通の人が難しいと思う程度」であれば普通に当てられるようになる
  と考えた方が良いと思います。使用回数制限の無い曲射に
  あまり高いスタン値を設定してしまうと、
  遠距離攻撃できるハンマーができてしまう可能性があります。
 ⑤味方への当たり判定
  これまで述べてきたとおり、曲射の連発が弓の基本スタイルと
  ならないように、味方に当たり判定を付けるというのは
  非常に重要になると思います。
  少なくとも、拡散型と爆裂型は味方への当たり判定を付けるべきです。
  ですが、大技であることに変わりはないので、
  PTにおいて、曲射を連発する勇者様が現れてしまうことも心配です。
 ⑥曲射のタイプ
  曲射のタイプには、集中型、拡散型、爆裂型があることが判明しています。
  ここで気になるのが爆裂型。もしかして、徹甲榴弾のように
  敵に当たった後、爆発が発生するのでしょうか?
  MHシリーズにおいて、爆発は肉質無視ダメージだと相場が決まっています。
  遠距離攻撃ができるガンランスを作るつもりなんでしょうか
曲射に関する懸念は上記の通りです。
曲射という新しい概念の導入には賛成しますが、
あくまで溜めがメインとなる弓の従来の立ち回りを崩すことがない調整
を望みたいところです。

弓に関しては瓶関連も若干懸念があります。
  (i)減気瓶の追加
   前述の通りMHP3で新規に追加される「スタミナを奪う」瓶ですが、
   ボウガンにある同系統の弾丸「減気弾」の性能を考えるに、
   頭に当てた際にスタン値を蓄積する可能性が考えられます。
   MH3でボウガンを使っていたことがある私は分かるのですが、
   減気弾のスタン性能は結構強力です。しかし、
   ボウガンであるが故の弾数制限&リロードの存在から、
   特に問題ないレベルで落ち着いていました
   しかし弓はボウガンよりも、頭に連続で攻撃を当てることが容易です。
   そうなると、非常に強力な瓶となる可能性があります。
   ちなみに、減気弾には肉質無視ダメージを与える性能もあります。
   これもかなり強力で、なんと弾肉質60以下であれば通常弾Lv2<減気瓶となります。
   しかしぶっちゃけ弱点部位でも、弾肉質60以上の部位の方が少なかったりします。
   その為、ガンキンの顎破壊など、
   攻撃目的で減気弾を使う人も多かったはずです。
   減気瓶にその効果が付くとなれば、それはもう目も当てられなくなるでしょう。
  (ii)強属性瓶
   MH3でスラッシュアックスのために登場した瓶ですが、
   MHP3で弓のために登場するかどうかは定かではありません。
   そもそも、スラッシュアックスの瓶の概念は弓のそれとは大きく異なります
   スラッシュアックスでは強撃瓶の陰に隠れて目立たない瓶でしたが、
   属性攻撃が得意な弓からみると、非常に良アイテムになる可能性が高いです。
   登場して欲しいところです。

弓の項目だけやたら長くなっていますが、
これは私が弓使いであることによる期待が大いに入っているためです。
しかしそれと同時に、今回話題とした三武器のうち、
弓がもっとも綱渡りな調整をされているのではないかという不安も消せません。
とりあえず、厨武器にはなって欲しくないです・・・
スポンサーサイト
2010-10-26 Tue 15:25
別窓 | モンハンシリーズ | コメント:0 | トラックバック:0
<<ヴィーナスアンドブレイブス PSP移植決定 | 富竹の屍を越えて行け | MHシリーズ各武器の立ち回りに関する考察6>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 富竹の屍を越えて行け |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。