IRCに生息する筆者が、 主にひデブとモンハン、その他いろいろなゲームに関して 独断と偏見を語るブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
MHシリーズ各武器の立ち回りに関する考察7
第7回。ちょっと間が空きましたがライトボウガン(以下ライト)です。

ボウガンには、ライトヘビィミドルの3種がありますが、
ミドルはMH3にしかないので詳しくは述べません。
ミドルは役割的にはライトに近いと考えています。

ちなみに、MH3の私の2ndキャラはボウガン専です。


Light
ライトの特徴
中距離で高い機動力を生かして敵の攻撃を避け、
ちょっとした隙を見つけてそこに速射で弾を撃ち込む、
まさに、蝶のように舞い、蜂のように刺すを実践する戦い方をするガンナーです。
ボウガンには属性が付いていないため、
恒久的に単一の属性ダメージを与え続けることはできませんが、
逆に、複数の弱点属性を持つ敵には、
それら全属性に汎用的に対応することも可能です。
敵を複数の状態異常にすることも得意です。
ただし、一撃は軽く敵の弱点を狙い続けないと効率よくダメージを与えられません
ガンナーの宿命とも言えますが、防御力が低く
油断していると一撃でやられることすらありますが、
避けてから撃つというガンナーの基本の立ち回りがしやすいため、
ガンナー初心者には比較的お勧めの武器です。
(ただし、ヘビィや弓と比べてお金がかかります)
状態異常が得意だったり、回復弾のような補助用の弾のおかげで、
PT戦において、片手剣や笛と並ぶ非常に優秀なサポート能力を持ちますが、
オンラインではライトは絶滅危惧種です。ミドルは結構居ます。


ライト本人の立ち回り
PT戦において、ライトボウガンに与えられる役割は主に、
状態異常によるサポート

破壊困難な部位の破壊
です。逆に、破壊困難な部位以外の場合において
物理ダメージ面での活躍が期待されることはほぼありません

まずは状態異常に関してですが、
ソロでは麻痺させても攻撃弾のリロードを挟む関係上、
ダメージは余り稼げませんでしたが、
PT戦においては、他に攻撃ができる仲間がいるわけですから、
安全かつ確実に非常に高ダメージを効率よくたたき出せる時間を作ることになります。
戦闘開始直後に相手を麻痺させると、
尻尾切りの時間が早まったり、
ハンマーがスタン値を大量に蓄積できたり
します。
睡眠に関しても、爆殺時の爆弾の個数が増えることは
そのままダメージが増えることにも繋がりますし、
怒り時に敵を睡眠させると、怒りが解除されることも
覚えておくと良いでしょう。
また、状態異常にするタイミングも意識すると、よりPTに貢献できるようになります。
麻痺、睡眠は一定時間相手を無防備にしますが、実際無防備にしても
攻撃・爆殺に参加できる仲間が少なければ、状態異常の恩恵は減ってしまいます。
蓄積値をある程度計算して戦えるようになれば、狩りの時間は一気に短縮できます

次に破壊困難な部位に関してですが、これは2種類に分けられます。
一つは高い位置にあり、剣士は狙うのが困難な部位です。
たとえば、チャナガブルの提灯などです。
これに関しては、弱点であることも多いので積極的に狙いましょう。
もう一つは、硬い部位です。
ウラガンキンの顎などがコレに当たります。
そして、この硬い部位の破壊に役に立つのが、徹甲榴弾と拡散弾と、
意外にも減気弾です。
特に減気弾は「スタミナを削る弾」というだけの地味な弾である印象が大きいですが、
実は、頭部に当てるとスタン値蓄積の効果があり、
さらに、この弾は肉質無視ダメージまでも与えます。
このダメージは、計算上弾肉質60以下の部位であれば、
通常弾Lv2<減気弾となる恐るべき性能を持っています。
ちなみに、弾肉質60以上なんてのは、探すのが難しいくらいです。

一応ボウガンは斬裂弾のおかげで、尻尾切りも可能ですが、
はっきり言って得意ではありません
斬裂弾をフル持ち込み30発+調合素材分20+30発持ち込んでも、
切れないことも多々あります。
基本的に狙う必要はありません
ちなみに、ウラガンキンの尻尾は理論上、調合素材分含めて
全て尻尾に命中させても、ダメージが足りず切ることができません
  ①ウラガンキンの尻尾切りに必要な斬ダメージ:700
  ②斬裂弾で与えられるダメージの理論値:(30+20+30)×8×3=1920
  ③ウラガンキンの尻尾肉質:35
    1920(②)×0.35(③)=672<700(①)
(斬裂弾のダメージがボウガンの攻撃力の影響を受けるかどうかは
 調べてもはっきりとしたデータが出てきませんでしたので間違えているかもしれません)

攻撃力の低さと手数の多さから、ライトは何も考えずに戦っていると、
弾が足りなくなることも多く、戦闘中の調合睡眠爆殺など、
ありとあらゆる手段でダメージを稼ぐ必要が出てきます。
準備は入念にしましょう。

ちなみに、ボウガンで狙いを付ける方法は
スコープ簡易照準の2種類がありますが、ライトは簡易照準に適しています
というか、スコープ中は移動できないので、
ライトの強みの一つである機動力が生かせないことになります。
ライトを使いたいのであれば簡易照準を練習するのは必須
だと思っておいた方が良いです。


PTにライトが居る場合の立ち回り
PTにライトが居る場合で、他の武器が気をつけるべきことは
状態異常が起きるタイミングに気をつけること位です。
麻痺が起きそうな場合は、頭や尻尾など狙うべき位置の近くにいるようにする
睡眠が起きそうな場合は、誤って起こしてしまうような攻撃を行わない、などです。

立ち位置などはあまり気にする必要はありませんし、
基本的にはボウガンの方が狙う位置を調整します。
まあ、速射はライトの意志では中断できないので、
速射を狙っていそうなライトの射線上には立たない方が良いかもしれませんが、
それも基本的にはライト側が何とかします。

まああと、ライトに限らず、拡散弾や徹甲榴弾を撃てるボウガンで来ている場合、
敵と遭遇直後にその2種の弾は全弾撃ち尽くすガンナーは多いと思うので、
そういう状況では巻き込まれないように注意しておいて下さい。

そして最後に、ライトは基本的に一歩引いた場所で戦闘を眺めていますし、
納刀(納銃?)も早いので、アイテムを使ったサポートにも結構向いています
しかし、その役割を過剰に求めないで下さい。
基本的にボウガンは金欠気味です。支給品ならともかく、
自分の懐を削ってまでアイテムを使うのはなかなか厳しいのです。
というか、お金に余裕がある人は弾を持ち込んで欲しいくらいです。


オンラインで見かけたライトの傾向
ここからは個人の主観入りまくりです。
まず、MH3のオンラインにライトはほとんど居ませんミドルは結構多いです。
基本的にオンラインで出会うライトは中級者以降です。
会う人が全て中級者なのではなく、
中級者以降じゃないとライトを使う人が居ない、といった感じです。
まあ正直、MH3のライトは冷遇されていますし
やることも多くて複雑なので、初心者は使いたがらないのでしょう。

ガンナー初心者はライトを使うべきだと私は思っているのですが・・・
ジレンマですね。
スポンサーサイト
2010-11-04 Thu 16:08
別窓 | モンハンシリーズ | コメント:0 | トラックバック:0
<<MHP3の登場モンスを色々分類してみる | 富竹の屍を越えて行け | ヴィーナスアンドブレイブス PSP移植決定>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 富竹の屍を越えて行け |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。