IRCに生息する筆者が、 主にひデブとモンハン、その他いろいろなゲームに関して 独断と偏見を語るブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
MHシリーズ各武器の立ち回りに関する考察8
第8回。またもやちょっと間が空きましたがヘビィボウガン(以下ヘビィ)です。

ライトとかなり被っている部分もあります。


Heavy
ヘビィの特徴
機動力がを犠牲にした代わりに、
重い一撃を得た重量級のガンナーです。
移動しながら隙を探り、そこに弱点を撃ち込む他のガンナーとは違い、
最低限の移動だけで敵との間合いを維持し、威力の高い攻撃を当て続ける
固定砲台とも言うべき戦い方を得意とします。
一応ライトと同じく状態異常弾やサポート弾を使った味方のサポートも可能ですが、
機動力の低さがネックとなり、ライトほどの活躍は出来ません
その代わり、ライトが苦手としたダメージ源としての活躍が可能であり、
クリティカル距離の維持と、弱点への狙撃を両立させたときの
火力は目を見張るものがあります
機動力が低いことや、納銃が遅いこともあり、生存能力は低いですが、
シールドを付けることにより、ガードも可能になるため、
それらや回避系スキルを活用して生存能力をある程度高めることは可能です。
また、PT戦においては敵のターゲットが分散することもあるため、
ソロよりはPT戦に向いた性能となっています。

しかし、ガンナー初心者が突然PTで使い始めても、
まともにPTに貢献できないような性能であり、
結局ソロである程度動かせるようになってからPT戦で使い始めるべきかもしれません。

一応、オンラインにはそれなりにいます。
ただし、一部の敵を効率よく倒すために触っているだけの
にわかガンナーも多いです。


ヘビィ本人の立ち回り
PT戦において、ヘビィボウガンに与えられる役割はライトに与えられる役割に加えて、
物理ダメージ源としての活躍
が追加されます。ただし、優先順位は異なり、
上記ダメージ源が最優先、以降、
状態異常によるサポート

破壊困難な部位の破壊
となります。下記二つについてはライトの考察で述べているので割愛します。

ヘビィの立ち回りは、とりあえず1にも2にも、
敵や味方との位置関係が重要となります。
PT戦は、敵のターゲットが分散する関係上、
敵のあちらこちらに走り回ることも多くなります。
しかし、それ以上に自分が狙われることが減るため、
ソロよりじっくりと狙いを定めることが可能になります。
クリティカル距離や弱点を狙いやすい位置、味方を巻き込まない位置取り
常に意識することが重要となります。
とはいっても、状態異常弾、徹甲榴弾、拡散弾、斬裂弾のように、
クリティカル距離や弱点への影響が少ない弾も存在します
ある程度は臨機応変に動きましょう。
(影響が無いわけではないので余裕があるなら意識した方が良いのは確かです)

ライトの際も述べましたが、ヘビィにおいて、
減気弾はさらに重要な弾となります。減気弾は、肉質無視であると同時に、
武器の攻撃力がダイレクトに威力に影響する弾です。
強力なヘビィボウガンで撃つことによって、
恐るべきダメージがたたき出せます
特に、MHP3では減気弾のしゃがみ撃ちが存在するようで・・・
罠を設置

減気弾しゃがみ撃ち準備

罠にかかった敵の頭に減気弾連射

スタン

さらに減気弾連射

罠解けたけど疲労状態
のコンボは猛威を振るいそうです。

ライトの際に、ライトはスコープよりも簡易照準が
向いているという話を出しましたが、ヘビィは逆にスコープに向いています。
いやまあ、スコープに向いているというよりは、
シールドの付けられるヘビィならスコープでも大丈夫
と言った方が正しいかもしれませんが。
簡易照準で狙いが定められるならそっちの方が良いのは間違いないです。


PTにヘビィが居る場合の立ち回り
ライトとほとんど変わらないので述べることはあまりありません^^;
ただし、ヘビィはライトより機動力が低いため
ライトの時ほど位置取りをヘビィ任せにするのはやめた方が良いかもしれません

まあそれと、ヘビィは敵に狙われると色々と厳しいので、
ヘイトを積極的に稼いでヘビィがターゲットされることが少なくなるように動くと、
ヘビィのポテンシャルが十二分に発揮されるようになります。

たまに落ちちゃうのは勘弁してあげて下さい。
上位だと、ほんとに即死する攻撃を持ってる相手が結構多いんです;;


オンラインで見かけたヘビィの傾向
ここからは個人の主観入りまくりです。
上述していますが、ミドルほどでは無いにしろ、ヘビィはそれなりにいます。
ただし、特定の敵を効率よく倒すための、
にわかガンナーが多いのも現状です。
そういう人たちはその「特定の敵」以外の敵への立ち回りとかが
よく分かってないわけで・・・
にわかガンナーじゃ無い人は、大抵結構頑張ってる感じはします。
スポンサーサイト
2010-11-17 Wed 15:28
別窓 | モンハンシリーズ | コメント:0 | トラックバック:0
<<戦闘中の剥ぎ取りに関する誤解について | 富竹の屍を越えて行け | MHP3の登場モンスを色々分類してみる>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 富竹の屍を越えて行け |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。