IRCに生息する筆者が、 主にひデブとモンハン、その他いろいろなゲームに関して 独断と偏見を語るブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
戦闘中の剥ぎ取りに関する誤解について
MH3のオンライン中に気になる出来事があったので
それに関する考察を述べておきます。


尻尾や落とし物などは、モンスターとの戦闘中ではなく、
エリアチェンジに剥ぎ取る&採取すべきであるとの意見をよく眼にしますが、
私に言わせるとそれは誤解です。

ケースバイケースではありますが、
特にガンナーと状態異常メインの片手剣、およびハンマー、笛に関していえば、
安全が確保できているなら、むしろ戦闘中に剥ぎ取ることの方が
長い目で見ると有利に働くことがあります。

理由は状態異常蓄積値エリアチェンジが深く関わります。

毒、麻痺、睡眠、スタン、MH3で追加された疲労状態がありますが、
これらの蓄積値は
一定時間新しく蓄積されないと、徐々に減少するようになる
という仕様を持ちます。何となく感覚で理解できている人も多いかもしれませんが、
スタンなんかは、一定時間頭に攻撃が当てられないと
スタン値が回復しているのがはっきりと実感できます。
この一定時間というものがどれだけの時間なのかははっきりとはしていませんが、
出来る限り短い間隔で状態異常を蓄積させるに越したことはありません

この辺でエリアチェンジについても考えておきましょう。
敵がエリアチェンジをすると、どうしても攻撃が当てられない時間が発生します。
移動するエリアによっては、10秒20秒攻撃出来ないことも珍しくありません。

先ほどの戦闘中に剥ぎ取ることに話を戻します。
戦闘中の剥ぎ取りは納刀も含めて10秒もかかりません。5秒くらいでしょうか。
剥ぎ取ってすぐ攻撃を開始すれば、状態異常蓄積値の減少が始まる前に
次の状態異常蓄積攻撃を当てることは難しくない
でしょう。

ここで、エリアチェンジと剥ぎ取りにかかる時間を合わせて考えると・・・
エリアチェンジ時に剥ぎ取りをする場合、
  剥ぎ取りをする時間+エリアチェンジのための時間分
敵に攻撃出来ない時間が発生します。
戦闘中に剥ぎ取りを行う場合、
  剥ぎ取りをする時間とエリアチェンジのための時間は別に換算される可能性が高い
ことになります。
つまり、敵がすぐにエリアチェンジを行わないことが推測できる場合、
短い間隔で状態異常値を蓄積させたければ、
むしろ戦闘中に剥ぎ取りを行うべき

です。

もう一点。エリアチェンジ時に剥ぎ取りをしない場合、
敵の元に早くたどり着けるため、
捕食などのスタミナ回復行動を阻止できる可能性が高まります
敵を疲労状態にすることの有効性は述べるまでもないでしょうから、
そういう意味ではPTメンバーが全員剣士でも、
PTメンバー中一人くらいは戦闘中に剥ぎ取っておくと
狩りの時間短縮になるかもしれません。

戦闘に参加している時間、参加していない時間の反論もあるかもしれませんが、
エリアチェンジ時に剥ぎ取りを行わない分、敵の移動先に先に到着するのなら、
戦闘に参加している時間も結局はほとんど変わらないことになりますし。
スポンサーサイト
2010-11-22 Mon 18:25
別窓 | モンハンシリーズ | コメント:0 | トラックバック:0
<<製品版の前に各武器の再考察をしてみる | 富竹の屍を越えて行け | MHシリーズ各武器の立ち回りに関する考察8>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 富竹の屍を越えて行け |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。